連休後のベル保育園

大型連休、皆さん如何過ごされましたか?

大人は仕事から解放され、のんびり過ごせて心身共にリフレッシュできたのではないでしょうか?

子ども達も10日も連休が続くと、お家での朝寝坊や夜更かしに慣れてしまいます。

保育園での生活リズムを忘れてしまったのでは、と心配したのですが、杞憂でした。

久しぶりの園での遊びや生活、待っていたかの様に新鮮な気分でスンナリ戻ってくれました。

なつかしいおもちゃ、お友達の顔、給食、活き活きとした笑顔、すぐに思い出し、賑やかな声をあげていました。

ベル園での日常

公園のジャングルジムで遊ぶ東府中ベル保育園の園児たち

午前中の遊びと朝の会が終わると、お散歩です。初夏の緑溢れる公園でボール遊びや砂遊び。

出来るだけ身体を動かして欲しいのですが、砂遊びの道具を出すと皆どかっと砂場に座り込んで、動かなくなるので、ジャングルジムに誘います。

頭や膝を屈め、鉄棒をくぐるのは足腰を鍛え、敏捷さや冒険心を引き出します。

一歳半前後の比較的大人しい男の子が多いので、スタッフがボールや追いかけて弾みをつけないと動きが少なくなりがちです。

小一時間出来るだけ動いて、お腹を空かせて貰い、帰ったらすぐに給食です。

給食とおやつ

給食を食べている東府中ベル保育園の子どもたち

給食は一番の楽しい時間。スプーン、フォーク、指を駆使して、大分上手に自分で食べられるようになりました。

3カ月前はほとんどスタッフが口に運んでいましたが、かなりの成長振りです。

野菜も細かく切ってあるので、全部完食。家での野菜嫌いも園の給食では居ません。

人参、プロッコリー、エンドウ豆、オクラ、小松菜、ネギ、トマト、全ての野菜を食べる習慣がついてきました。

お家でも食べられる様になると良いですが、、。

入園して4カ月のベビーが離乳食の具入りのおかゆやうどんを茶碗一杯食べられる様になりました。

お茶碗とスプーンを見ると両手を万歳、一口食べたら手足をバタバタさせて、次を要求します。

食べ方同様、ハイハイ、お座り、四つん這いと動きも凄い成長振りです。

美味しそうにおやつを食べる東府中ベル保育園の子どもたち

昼寝から覚めて、三時のオヤツタイム。

りんご、バナナ、サンドイッチの他、今日はお煎餅でした。

7ヶ月ベビーも赤ちゃんせんべいを二枚食べることがあります。皆並んで、楽しみながら時間をかけて、オヤツを楽しみます。

美味しそうにおやつを食べる東府中ベル保育園の子どもたち

バナナだと一口サイズの皮をむいてあげると、皆パクッと一口で呑み込んでしまい、半本を3.4個に切ってあっても、1.2分で無くなってしまいます。

バナナは皆一番人気です。

壁装飾と手作りオモチャ

東府中ベル保育園の子供達と優しい保育スタッフ

園の壁にはアヒル、ウサギ、カエル、クマ、ゾウなど切り絵が沢山貼ってあります。

3月はお雛様、五月は鯉のぼり、季節ごとに新しく作ってくれるスタッフとパチリ。

イチゴさんは園児達がシールを貼った初めての制作品です。

手作りのドーナツの紐通しをする東府中ベル保育園の子どもたち

最後の写真は手作りおもちゃの1つ、"ドーナツの紐通し"です。

手先の器用さと集中力を養い、子供も沢山紐に通して、ブラブラさせ、達成感にひたります。

まだまだ手作りおもちゃ有りますので、次を楽しみに。

コメントを残す

  • 東府中ベル保育園の朝の会の様子
    5月最後 東府中ベル保育園の子どもたちの様子
  • 公園のジャングルジムで遊ぶ東府中ベル保育園の園児たち
    連休後のベル保育園
  • 東府中ベル保育園のお昼ご飯の光景
    今年の百花繚乱
  • 砂場で日向ぼっこをする東府中ベル保育園の子供達
    ベル保育園にも春が来た
関連記事
連休後のベル保育園
東府中ベル保育園ブログ
「 連休後のベル保育園 」 大型連休、皆さん如何過ごされましたか? 大人は仕事から解放され、のんびり過ごせて心身共にリフレッシュできたのでは...
今年の百花繚乱
東府中ベル保育園ブログ
3月末から4月中旬迄、こんなに桜が長く楽しめた年は有りませんでした。散歩に行く道すがら桜のトンネルが園児達の顔をピンク色に明るく彩っていまし...
ベル保育園にも春が来た
東府中ベル保育園ブログ
春の訪れ "春が来た 春が来た どこに来た? 山に来た 里に来た 野にも来た" そして、ここ 東府中 ベル保育園にも春はやって来ました。 暖...